自転車保険が身を守る|【自転車保険から医療保険】気になる保険の豆知識!

自転車はキケンがたくさん

自動車のように免許があると交通ルールを守って運転するのが当たり前です。しかし、自転車は免許が無くても運転することができ、また、スピードが出ている時にぶつかると相手を死亡させる力もあります。だからこと自転車保険は必要なのです。

自転車保険の必要な方ランキング

no.1

【自転車保険が必要な人ランク】学生

ダントツ1位が学生です。通学で自転車を利用するしない関係なしに学生には必要です。特に中学生や高校生には必要不可欠の保険と言えます。通学で使用している学生は、登下校に危険運転をして思わぬ事故を招いたり、もしくは事故の被害者になる可能性も高いとされています。

no.2

【自転車保険が必要な人ランク】高齢者

高齢者は健康のためにと自転車に乗るケースがあり、とてもキケンです。曲がり角を一時停止して注意深く運転するなら安心かもしれません。しかし、ふとした瞬間の危機回避能力が若い時に比べて無いので、事故に遭う確率が高まります。また、下り坂の様にスピードがでる所で安全運転を意識していてもブレーキができないなどで大惨事になることがあります。

no.3

【自転車保険が必要な人ランク】小さなお子様

高齢者のと同じく危機回避がまだ備わっていないため、事故にあう可能性も高いです。また危機察知能力も少なく、ここを運転したら危ないという意識がまだ完璧でありません。そういったときためにも保険を持つべきです。

no.4

【自転車保険が必要な人ランク】通勤で使用している方

サラリーマンの方に多いのが通勤で自転車を使用する方。多くの方が駅まで載って電車で会社に向かうケースが多いですが、駅は色んな方が行き来します。中には駅から出る学生と駅に向かうサラリーマンが自転車で衝突事故なんてこともざらにあります。

no.5

【自転車保険が必要な人ランク】主婦

意外と多いのが主婦です。買い物のため、お子様の保育園の送迎で自転車を利用する方は少なくありません。また買い物帰りの重い荷物のせいで運転しづらくなり事故なんてこともあります。だからこそ必要なのです。

自転車保険が身を守る

自転車

自転車保険の申込方法

自転車保険は万が一の事故に備えた保険になります。また自転車人口が多いため、気軽に申込をすることが可能です。ネットや電話で資料請求する方法もあれば、コンビニで申込書を記入して保険会社に送るだけでの方法があります。

要らないという過信が大惨事に繋がる!

実際に、自転車保険が要らないという方の多くが、運転に自信があったり、乗る時間が少ないから必要性を感じないという方が多くいます。そういった方が不意の事故に遭う可能性が高いのです。そうならないためにもお守り代わりに、自転車保険に加入しましょう。

広告募集中