保険の基礎知識

レディ

保険の考え方

保険の考え方としては「相互扶助」という精神のもと成り立っています。その精神が無ければ保険は成り立ちません。例えば、100人の加入者がいます。その加入者が月に1000円の掛け金を支払います。もしそのうちの一人が病気になり10万円必要としたら、その一人に保険金として10万円を渡すと一人一人の負担は1000円ですが、一人にとっては10万円ものお金を一瞬で手に入れることができます。このように少ない費用で大きなお金になるのが保険です。

貯金と保険はどっちが良い?

よく保険と貯金はどっちが得なのかという疑問があります。結論から言うと保険の方が良いです。先程保険の仕組みについて上記で大まかな説明をしました。仮に10万円を一人で溜めるとしたら月1000円ずつで1年たって1万2千円で計算して約9年で10万円を超えます。その9年の間病気やケガにならないという保障は何処にもありません。それに治療費のために貯金している方がほぼいません。老後の生活のため、結婚資金のためなど自分のために溜めるのがごく一般的です。だから、保険のほうが良いのです。評判の良い保険の窓口相談ショップで保険の相談するのも良いでしょう。それにファイナンシャルプランナーに保険の相談するのも良いです。自転車保険や医療保険など、自分に合った保険を選んでくれます。保険専門店は東京に多くあるので、是非活用しましょう。

保険の全てを知るなら専門知識が必要

保険業をしている方でも契約概要や注意事項を全て覚えているわけではありません。しかし、見れば理解することができるのが専門家です。補償内容を理解するのも大事ですが、契約概要や注意事項なども理解できる知識が必要です。それらをわかりやすく説明してくれるのがファイナンシャルプランナーなのです。

FPを利用するための流れ

ネットでファイナンシャルプランナーの紹介ネットを開く

最初にFPを紹介してくれるネットを探しましょう。様々な会社があるので迷うかもしれません。なので、選ぶめやすとして利用料金やFPに相談できる内容などで最初は絞り込みましょう。

利用の申込をする

紹介会社を決定したら、申込です。ネットでも電話でも申込することが可能なので、ネットが苦手なら電話、忙しい方はネットなどで申込しましょう。

FPとの相談の日時調整

いよいよFPとの相談する日時を決めます。多忙なFPがたくさん在籍している会社だと、日程を決めるのが遅くなるでしょう。もし、日時の要望があれば申し出てください。

決定した日時の報告

相談日が決まったら連絡がきます。要望の日時なのか、そうでないのか、自分のスケジュールも確認しながら決めましょう。自分のスケジュールがカツカツな場合は日時変更をオススメします。スケジュールにゆとりがないと、しっかり保険の相談ができなくなります。

相談開始

相談当日は、年収や仕事内容、今まで保険を持ったことある、持ったことあるけど何故解約したのか、など様々なことFPが伺って、ぴったりな保険を選んでくれます。

わからないことは必ず聞く姿勢!

FPに相談でも、自分でパンフレットを取り寄せたとしてもわからないことが1つや2つ出てくるでしょう。その時はスルーしないで、その都度、確認して解決する姿勢が大事です。

保険は自分で探すorFPに相談

自分で探す

・自分のペースで探すことができる。
・わからないこともわかるまで調べることが可能。

FPに相談

・自分の生活スタイルにあった保険を提供してくれる。
・保険の知識が無くても親切丁寧に教えてくれる。

保険はたくさんの種類がある

保険にはたくさんの種類があります。医療保険や傷害保険、生命保険に火災保険など、人や物にも保険を掛けることが可能なのです。

人気の保険ランキング

no.1

生命保険

保険といったら生命保険のイメージが強いのは、一般的です。万が一亡くなったときでも、残された家族のために残すお金を補償してくれる保険が生命保険です。一番加入率が多いとされています。

no.2

医療保険

生命保険の特約として有名なのが医療保険。中には生命保険会社と別会社の医療保険を持つケースも多くあります。医療保険は他社で持っていても、補償は2社から受けられます。1社で入院日額5000円、もう1社で5000円なら合わせて1万円の補償額となります。しかし、上限というものあがるので詳しくは申込する保険会社に確認しましょう。

no.3

自転車保険

じわじわ人気が出てきている保険の自転車保険。最近は車を持たずに必要なときだけレンタカーを借りる方が多くなり、普段の移動手段が自転車という方も多くいます。なので、老若男女問わず保険の申込を検討するのが自転車保険です。

[PR]

ファイナンシャルプランナーは東京で利用しよう
お金の悩みをプロに相談♪ 自転車保険を提供中
生活の中のトラブルに備えておこう

[PR]

広告募集中